壁全体に真っ白なクロスを貼る|6万円で床の間和室を洋室化DIY #5

築50年の中古戸建てを、予算50万円で全力DIY中のDIY PANDAです

初めての天井クロス貼りはなかなか悪戦苦闘しましたが、今回は壁全体に貼っていきます

もともと日当たりのいい部屋ですが、真っ白なクロスで一段と明るい部屋に生まれ変わります

壁紙貼りの基本

まずは基本的な手順をおさらい

  1. 必要な長さプラス約10㎝の長さにクロスをカット
  2. ローラーで糊付けして折りたたむ
  3. オープンタイムを取って、糊を馴染ませる
  4. 撫で刷毛で空気を抜きながら、真っすぐ貼り付ける
  5. 竹べらで端を押し込んで、クロスをしっかりと密着させる
  6. 地ベラをあてながらカッターで余ったクロスをカット
  7. クロスローラーや撫で刷毛を使い、クロスをしっかり圧着
  8. 濡らしてよく絞った布やスポンジを使って、柱に付着した糊を抜き取る

最初は難しく感じるかもしれませんが、一部屋終わるころにはだいぶコツを掴めると思います

どれくらい長持ちするか、という点ではプロと差が出るかもしれませんが、初心者でもプロに近い仕上がりに出来るのがクロス貼りの良いところ

クロス貼りの道具について

こちらがDIY PANDAの使っている竹べらと撫でバケ

クロス用の道具はモノタロウやAmazonなどで別々に購入しましたが、正直セットで売っているもので十分だと思います

使い心地や強度に差はあるかもしれませんが、短期的に使用するだけなら仕上がりに差は出ません

唯一仕上がりに差が出そうなのものを挙げるなら地ベラ

厚みによっては隙間が出来やすかったり、柔らかすぎるとつなぎ目を真っすぐ切り辛いかもしれません

実際にクロスを貼る

糊付けして折りたたんだクロスを広げる

この時端の方が乾いてきて、ビリっと破れることが良くあります

(クロスが破れるのではなく、裏面の薄い紙が破れる)

夏場は乾燥防止のためクロス袋に入れるか、少し早めに貼るのがポイント

柄のないクロスなので多少ズレても目立ちませんが、出来るだけ真っすぐ貼り付ける

真っすぐ貼れているかの判断は、サイドの余った部分(赤の2重線)を見ています

この幅が一定になるように意識しながら、まずは上の方を貼り付ける

撫で刷毛を下方向(青矢印)に滑らせて、真ん中から密着させていく

続いて左右(緑とオレンジの矢印)に撫で刷毛を滑らせながら空気を逃がします

①②③の順に上からブロックごとに貼り付けていくイメージ

下までしっかりと貼り付けたら、竹べらを使って端や角にクロスを押し込む

角部分は一番破れやすいので注意が必要

最初の頃は何度も破きましたが、何とかコーキングでごまかしました…

角の部分は折りたたむようにしっかり押し込んでおかないと、地ベラをあてた時にも穴が開いてしまいます

地ベラをあてて慎重に切り進めます

カッターの刃先は壁側ではなく、横の柱の方向に向けるのがコツ

柱を切りつけるイメージです

壁側に向けて切ると、必ずといっていいほど柱とクロスに隙間が空いてしまいます

カットし終わったら湿らせたスポンジで糊を拭き取る

水の入ったバケツやタッパーに、スポンジを入れて近くに置いておくと楽です

布でもいいですが、スポンジの方が片手で洗ったり絞ったり出来るのでスピーディ

仕上げは白のジョイントコーク

隙間が出来てしまったところは多めに出して、指先でスーッと馴染ませる

その日のうちにしっかりコーキングしている方が、乾いたときに剥がれずらい気がします

一度クロス貼りをやりだすと、あっという間に時間が過ぎてしいく

下地作りと違って、キレイになっていく作業はやはり楽しいものです

ちなみに今回のクロスはサンゲツのSP9504

部屋が明るく新しく見えるように!という思いから、白さだけで選んだだけあって真っ白です

ただ量産クロスという安価なクロスという事もあり生地が薄い気がします

クロスをはがした後に貼る場合などは、下地の凸凹が目立つので、少し厚めのクロスを選ぶ方がいいかも

ようやくゴールの見えてきたクロス貼り

写真だけ見ているとスムーズに見えますが、実際にはかなりの時間が掛かっています

一日目は天井に4時間くらい悪戦苦闘し、二日目に6時間くらいかけてようやく終わったと記憶しています

外は真っ暗…

最後は帰宅時間に間に合わせようと必死でした

8帖に必要なクロスの長さ

当時は正確にどのくらいの長さを購入すればよいかわかりませんでした

白いクロスは他の部屋にも使用する予定だったのでかなり適当に頼みましたが、実際に使った長さを振り返ってみたいと思います

天井がおおよそ14m、床の間や襖を除いた壁の部分がおおよそ29m、合計43mほど

床の間分をプラスすると、ネットで調べると出てくる8帖クロス貼りに必要な長さと大体一致しました

(YouTubeの内では35mとなっていますが、追加購入した部分を忘れています…申し訳ありません)

今回使用した道具&材料

道具一覧

  1. BOSCH 18V コードレスインパクトドライバー https://amzn.to/33bZXti 
  2. SK11 ペイントミキサー(攪拌ビット)https://amzn.to/32gXtrw
  3. スコップ 100均
  4. バケツ 100均
  5. ローラー 100均
  6. 竹べら
  7. 撫で刷毛
  8. カッター
  9. クロスローラー

※一部屋だけのクロス貼りなど、頻繁に使わない方は手頃な価格のクロス貼り道具セットがお勧めです https://amzn.to/34KY1Zp

材料一覧

  1. ヤヨイ化学 アミノール 18㎏ 2,691円 https://amzn.to/2Et2tl0
  2. クロス サンゲツ SP9504 135円/m 3,915円(天井に約29m分使用)

※価格は購入時の価格です

 

次回はいよいよ床の間のDIYに挑戦!使い勝手とオシャレさを兼ね備えたスタディスペースに生まれ変わらせます

リフォームの様子をYouTubeでもお楽しみください!

【DIY】#2素人が6万円で和室を洋室化|床の間をオシャレなスタディスペースにDIY 費用の内訳も公開~前編|I am renovating my old house in Japan.

コメント

タイトルとURLをコピーしました